サロンコミュニケーションにはFBグループより、slackが向いていた

2018/08/27 カテゴリー:コラム,学び タグ: , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入江開発室のメインコミュニケーションツールが、FBグループからslackに変わりつつあります。

slackになってから、一気に参加するメンバー、コメントが活発になりました。それこそFBとは比べられないくらい。

開発室内で聞いてみてもslackがいいという声が多かったです。…でもこれはうちがエンジニア多いからかもしれませんが。サロンやコミュニティを運営している方の参考になれば。

SPONSOR

1.チャンネルが分かれているのがいい


slackはチャンネルをつくれてわかれているので、目的別にログを追いやすい。一方、FBで過去をさかのぼるのはしんどいしみづらい。

特に新しく入ってきた人がログを追いにくいです。一方slackなら興味のあるチャンネルを開いて過去ログをすぐに追える。

2.プロジェクトと相性がいい

入江開発室では、プロジェクト別にチャンネルをつくってます。チャンネル内にスレをつくって議論できたり、チャンネル参加者全員に呼びかけたり、検索もやりやすい。githubと連動して通知を飛ばしたりと、チームでの開発に相性がいいです。

アイデアチャンネルに、つくりたいサービスの企画案を書いて、参加者が集まり、プロジェクトがはじまる。新しく入った人も新規プロジェクトなら参加しやすいです。こうやって新しいプロジェクトのたびにアクティブなメンバーが増えていきます。

アイデアチャンネルをつくった頃から、投稿、アクティブユーザー数が増えだしました。

他にも雑談チャンネルが人気。FBでも雑談スレはあったんですがスレが埋もれるし、わざわざ検索してまで書き込まないんですよね。

SPONSOR

3.コメントのハードルが低い

運営している側はなんてことないですが、FBグループに新しくスレ作るのって勇気がいること。特にコメントしたことない人にとってはなおさらです。だから、運営者がネタを投稿しないと始まらないのですが、slackだとスレを作るという概念がないので会話に参加しやすい。例えばFBでも、たくさんコメントがついてるスレだと入りやすいというのと同じ。

サロンは参加するほど得られるものが多い

見てるのもいいけど、参加すると、メンバーとのつながりができるし、質問したりされたり、知らなかったことを知れたり、もっと得るものがおおきくなる。純粋に好きなことを楽しむために入り、そこで評価を得て自分の仕事に反映させる。だから、そのためにはサロンに入るだけじゃなく、参加した方がお得。サロンで教えてもらうのではなく、利用するくらいの心構えで!

過去ログは文化であり、宝。

まっさらなキャンバスより、すでになにかが書かれている方が後から書きやすいもの。

そしてチュートリアルがある方が、すぐに操作が入りやすい。入江開発室の過去ログがチュートリアルにもなっているので、新しい人がどうやって参加したらいいかわかりやすくなってます。

各プロジェクトでのやりとりもそのまま残されているので、チーム開発の生の現場、やりとりのベストプラクティスを学べます。これは見てるだけでも面白い。特に初心者には好評です。

まとめ

そういうわけで入江開発室ではFBグループからslackへと移行中です。有料プランで試算したら年間200万くらいかかるので…過去ログを別の場所に保存できないか調査中です。

そしてもっとメンバーの動きを見える化すべく、voyageというサロン管理サービスを入江開発室で開発中です。

メンバーのことをもっと知れたり、どんなプロジェクトが動いているか見れたり、感謝をポイント化して送りあえたり。campfireと連携して入退会者の管理をしやすくしたり。

日本一のサービス開発集団を目指して、みんなで頑張ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾
自分が作ったサービスで生きていく。同じゴールを目指すサービス開発集団「入江開発室」を運営(現在約280名) / 個人間スキルシェアサービス「MENTA」は1ヶ月と10日で売上100万円を達成。1日で100社が利用した「JobTag」など多数開発
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす