サービス開発における三種の神器は「プログラミング」「デザイン」「マーケティング」

2018/04/13 カテゴリー:コラム 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サービス開発における三種の神器は「プログラミング」「デザイン」「マーケティング」だと思います。

組織でやるならどれかに属し、フリーランスでやるなら3つをまんべんなく覚える。

プログラミングとデザインはもう10数年やっているけど、マーケティングはまだまだ勉強中です。このブログも集客力を強めなきゃいけないし、Twitterもフォロワーを増やせるよう画策中です。しばらくは、SNSマーケに力いれていきます。


もしいま、プログラミングだけ覚えてひととおりできる力が揃っているなら、デザインやマーケティングを勉強してみると世界が広がります。デザインだけならプログラムを覚えてみるとか。

僕自身はまず、1人で小さな神器でもいいから手に入れて、ヒットさせたい。
ヒットできたら、次からはプロデュースにまわりたい。
企画やアイデアをつくり、開発はチームでまわす。そういう仕組をつくりたい。
と思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾
自分が作ったサービスで生きていく。同じゴールを目指すサービス開発集団「入江開発室」を運営(現在約280名) / 個人間スキルシェアサービス「MENTA」は1ヶ月と10日で売上100万円を達成。1日で100社が利用した「JobTag」など多数開発
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす