モダンなプログラミングは気持ちいい

2017/11/02 タグ: ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1人での開発が多かったので、フレームワークを使うという選択をしてきませんでした。しかし、最近では仕事量が増えてきたので常にチームでの開発がメインになってきており、フレームワークを勉強しだしました。

SPONSOR

モダンなプログラミングは気持ちいい

勉強しだして、なぜこれを早く勉強していなかったのか!ということに気づき、後悔しています。もっと早く手を出しておくべきだった。これは1人で開発するときも必須だ。

フレームワークを使うことの主なメリットは
・MVCにより、役割を分担させることで、コードが簡潔に書ける
・ルールが決まっているので、チーム開発に向いている
・ORMも入っているので、SQLも完結になる
・エスケープなど、セキュリティ対策も最初から含まれている
など、よく使うようなシーン・機能は盛り込まれていることが多いので、シンプルなコードでより多くのことができるようになります。車輪の再発明を防ぐと。

そして、このようなコードは書いていて気持ちがいいものです。自分が書いた古いコードをみると徹底的に書き直したくなります。これをやっているとキリがないのですが、ひとつひとつ簡潔にできないか考えてつくるのは楽しいです。プログラムが好きでよかったなと思います。

プログラムは積み重ねで進化している

プログラムの歴史は長く、さまざまな言語がありますが、プログラマーが日々考え、進化し続けています。より短いコードでより多くのことを実現するために。だからこそ、生産性を上げていく意味でも、新しい技術を学び続けることは大事だなと思います。

なるべく、余白の時間を多く作って、学びの時間をうみだしたい。勉強する時間をつくっても、なかなか身につかないので、実践で新しい技術を学びながら検証しながら、少しづつ自分のものにしていくのがいいですね。

引き出しが多いプログラマー

まわりをみても、日々勉強しているプログラマーは引き出しが多いです。いろんなことに手をだして試しているので、実現するためのパターンを数多くもっているイメージ。ぼく自身も10分探して考えて、方向性がまったくわからない時には迷わずまわりに聞くようにしています。

とにかく、自分の大事なスキルであるプログラミング技術をもっと高めていきたいです。

SPONSOR
記事を書いている中の人
イリテク株式会社/入江 慎吾
WEBサービスやアプリのデザイン・開発をやっているクリエイターです。クラウド見積請求:CLOUD PAPER、リモートワーク求人:Rework、買い物メモアプリ:Rememo。情熱のこもったプロダクトをどんどんつくりたいです。(もっと詳しいプロフィール
関連する記事
メールマガジンで新着記事をフォロー

 

イリテクの最新情報をチェック!
  • follow us in feedly
    RSSで最新記事を読む
イリテクで開発したプロダクト
SPONSOR
こちらの記事もおすすめです