コンテンツへスキップ →

「メールは一日何回チェックするべきなのか問題」の結論をだす

タイムマネジメント大好きな入江です。このブログでもメールについては数多く言及してきました。とあるときは、すぐにメール返信した方がいい!と騒いでみたり、いや1日2回くらいにした方がいいと書いてみたり。ここまで自分で試してきてわかった結論をまとめてみます。

基本は常時連絡がとれるようにしている

いまは基本的にはメールやChatWorkは常時つけっぱなしにしています。

その理由は、システムエンジニアという仕事柄、バグや障害があればすぐに対応した方がいいから。そもそも、本当に緊急なものは電話になると思いますけれど。なので、連絡をもらってすぐに対応する必要があるかどうかで対応を考えます。明日でもよければ明日にまわす。

急ぎ・重要な仕事にとりかかっている場合は通知しない

連絡ツールを切る場合もあります。それは締め切り間近なものや重要な仕事に取り掛かるとき。目の前の仕事に集中したいので。こんな時に連絡もらうと集中が切れて、もとにもどすのに苦労します。逆に、納期まで余裕のある仕事をしている時(ほとんどはこのケースが多い)は連絡ツールは常時ONに。

1時間に1通以上連絡があるようならOFFにした方がいい

ひんぱんに連絡があるような人の場合、OFFにしておくほうがいいです。連絡の通知がある度に気をとられて、集中力がおちてしまうから。僕も集中して連絡がある時がありますが、そんな時はOFFに切り替えます。常時ONにして返事なんかしようものなら、あっという間に時間が過ぎて、やるべき仕事が進みませんからね。

ということで結論としては、連絡頻度や取り掛かる仕事の内容によってON・OFFを切り替えるのがベスト!という結論になっています。あ、勤務時間以外はチェックしていません。例え休みの日にみても対応できないし、モヤモヤするだけなので。休むときはしっかり休みましょう。

タイムマネジメントについてもっと知りたい方は下の記事もどうぞ。

タイムマネジメントを学ぶのにおすすめの本はこれだ!メリハリをつけて自分の好きなことに時間を使おう!

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: コラム リモートワークや働き方 生産性を高めるアイデア