コンテンツへスキップ →

Photoshopすごすぎ!レタッチマジックでプロフィール写真を綺麗に仕上げよう!

Photoshopで、はじめて本格的にレタッチしてみたら凄すぎたのでご紹介。上の写真をみてもわかると思いますが、実物よりも肌がきれいで、顔がひきしまっています(笑)

スポット修復ブラシツールで不要な部分を除去

Photoshopを開いてレイヤーを複製します。
レイヤー複製スポット修復ブラシを使って、気になるシミやほくろ、そばかすなどをなぞるだけで綺麗に消えます。
スポット修復綺麗にシミなどを消すことができました。
シミが消える

ゆがみフィルターで顔の輪郭を調整

これがすごい機能ですよ。
まずは、またレイヤーを複製しましょう。複製したら、スマートオブジェクトに変換。
輪郭補正
フィルターメニューから「ゆがみ」を選択。
ゆがみ右側に顔立ちを調整という部分があり、目の大きさや顔の形状を変更できます。
歪みメニュー目盛りいっぱいに目を大きくするとこんな感じ。鼻やあごの大きさなども自由にパラメータで設定できます。ゲームで主人公の顔を設定するのに近いイメージ。
目を大きくやりすぎると整形したみたいな別人になるのでご注意を…。

ということで、最終的に完成したのが下記写真。Twitterやブログなどで使うプロフィール写真は、どうせならいい写真を使いたいですよね。あと、写真は笑顔がおすすめ。笑っている人のほうが話しかけやすいと思うので。いやー、Photoshopは本当すごい。
irie

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: コラム ツール