Skip to content →

カテゴリー: 生産をあげるITツールの紹介

Twitterのフォロワーを増やすための方法【1万フォロワーを目指したい】

僕がこの記事を書いている時点ではフォロワーさんは2,377人。
年内に1万超えを狙っています。
僕のツイッター(@iritec_jp)はこちら。フォロー大歓迎!

まず、Twitterのフォロワーを増やすためには成功例をマネするところから。
これから紹介する2記事を読んで実行していけば毎日ジワジワ増えるはず。
地道に増やしていくほかありません!

とはいえ「フォロワーの獲得、お金を稼ぐ、そんなことより本当に大事なことをやろう」にも書いたように、なにがなんでもというフォロワーの数にとらわれるのではなく、楽しみながら役立つコンテンツをだしていくことで結果的に増えればいいなと考えています。

フォロワーの獲得、お金を稼ぐ、そんなことより本当に大事なことをやろう

これがないと仕事にならない!IT系で15年はたらく僕が使っているツール15選!

質問箱で、「これがないと仕事にならない!というITツールはなんですか?」という質問を受けました。
質問くるのかな〜と思ってましたが、早速数件質問がありました。回答したのですが100文字ではとてもその説明まで盛り込めなかったので記事に。

普通にTwitterで話かけてもらったら答えますが、質問する方からしたら知り合いでもなんでもないのに声かけるのって勇気がいるんでしょうね。だからこのような匿名の質問箱が流行っているのか。ということで、質問がありましたらぜひ!

ということで本題。

もうIT業界でエンジニアとして働き始めて15年経ちました。もうおじさんですね(笑)
今回はそんな僕が使っているツールを紹介していきたいと思います。

Raspberry Piで個人でもIoTができるようなので、自分でもやってみることにしました

Raspberry Piは小さいコンピュータ。数千円で買える上に、LANコネクタやUSBなどのインターフェースも備えてるんです。

「シーマン」という珍しいゲームを世に打ち出すために仕掛けたのは、説明不要のメタファーだった

シーマン開発者の斎藤由多加さんの本を読みました。なかでもシーマン話がおもしろかった。

世の中おかしなことばかり。だが、硬直した頭では「目に見えないもの」に気付けないのが悲しい現実。本書では、『シーマン』や『大玉』の開発者が、日常覚える違和感の正体を追求し、そこに隠された本質を指摘します。携帯電話、空港、ディズニーランド…。これらに疑問を感じたことはありますか?読めば読むほど頭がほぐれる面白エッセイ。

kindleはやっぱり専用端末がダントツ読みやすい!

kindleは端末がいろいろあります。

スマホやタブレット、そしてKindle専用端末

かくいう僕はKindlePaperwhite使ってます。
スマホやタブレットでも見ることはありますが、KindlePaperwhiteが一番好きです。

楽しんで知識を増やしていくための、ゆるい「知の整理術」

phaさんの新著「知の整理術」を読みました。「人生を楽しむために、知識をみにつけよう」という趣旨について書かれた本。ゆるーいテイストでかかれた文章が、すっと頭にしみこんできます。

この本で伝えたいことはただ一つ。

〝一生懸命、必死でがんばっているやつよりも、
なんとなく楽しみながらやっているやつのほうが強い〟
ということだ。

僕は小さい頃から、ほとんど何かをがんばったことがない。みんなで一緒に何かをすると、いつも一番先に、「疲れた」とか「だるい」と言ってサボり出すタイプだ。

だけど今までの人生で、大体のことはなんとなくやっているうちにうまくいった。うまくいった理由はたぶん、「人より我慢強さがないからこそ、しんどいことを避けてうまくやるやり方を知っていた」から。

そして、たまたま人生の早い段階で、「勉強を楽しむやり方を身につけることができた」からだ。この本では、そんな僕が普段から実行している、「がんばらずに、なんとなくうまくいく勉強法」を伝えることで、もっと自由にラクに生きられる人を増やしたいと思っている。

勉強という趣味のよいところは、一生楽しめて役に立つところだ。勉強をすれば仕事の役に立って収入が上がったりもするし、人生の問題にぶちあったりしたときも本を読んだり調べたりすることで、解決策を見つけ出せる。

お金がないときも勉強を楽しむ能力があれば図書館に行ったりネットで調べものをしたりして、いくらでもヒマを潰せる。老後にカルチャースクールや習い事に通ったりする人が多いように、体力や若々しさがなくなってからの楽しみとしても勉強はいい。

勉強のやり方を身につけるのは早ければ早いほうがいいけど、いくつになっても遅いということはない。一緒に勉強を楽しんでいこう。

chrome拡張のweblioをいれると、マウスオーバーで英単語を訳してくれる

AIによって近いうちに翻訳技術もあがって、英語を覚えなくても住む世の中になりそうですが、まだまだエンジニアとしては自分で技術情報を読める力が必要です。

中学レベルの基本的な文法があれば、文脈は理解できるようになりますが、どうしてもわからない単語はでてきます。そんな時に便利なのが、chrome拡張のweblioです。マウスオーバーだけで英単語を翻訳してくれるという便利さ。