Skip to content →

カテゴリー: イリテクについて

収入が安定しないフリーランスエンジニアは受託開発をやめてみよう【発想の転換】

単発の受託開発は大きく稼げても安心できません。
それは次をとらなければいけない…と思ってしまうからです。
つまり、ずっと苦しい。

しかし、受託開発をやめて顧問エンジニアとして契約すれば安定します
しかも、発注する方にとってもいいことばかり。

どういうことかわかりませんよね…

顧問エンジニアとはリモートで月に決められた時間を契約して開発することをいってます。詳しくはこちらのページを御覧ください。

社内に専属エンジニアは必要不可欠!新入社員よりも安いコストではじめませんか?


すでに僕も2年前から実践中で数社と契約しています。契約の入れ替わりはありますが、1年スパンが多いので見通しも立てやすいし安定します

なにをするかというと、月に時間を決めて僕ができることはなんでもやっています
デザインもあれば企画や設計、システム開発、ブログ指南なんかもやってます。
つまり、自分の全スキルを時間として販売しています。

サラリーマンも同じで時間を会社に売ることで契約をしています。
顧問契約はその割合が少ないということ。

例えば週の2日だけを顧問契約で抑えるというイメージ。
僕も複数企業の顧問契約をしていますが、掛け持ちができます。

このような契約を増やせば、間違いなく安定します

今回はフリーランスエンジニアがどうやったら顧問契約をはじめられるのか、僕のこれまでのノウハウを元に公開させていただきます。真似できるところはどんどん使ってください。

アプリやWEBサービスを、あなたに代わって、ニーズがありそうなブロガーさんへ宣伝します!

僕自身もアプリ・WEBサービスを作るので、リリースの度に感じることですが、宣伝してまわるのは大変な労力です。

プレスリリースを一斉に送れるサービスも有料でありますが、決まったところに一斉送信するものですので、なかなか費用に対して目立った効果を得ることがむずかしいです。

そんな中、僕がいつもしてるのは主要なメディアにプレスリリースを送るほかに、個別に検索して取り上げてもらえそうなブログやメディアをさがして地道に連絡をしています

リモートワークの求人サイト「ReWork」をオープン!

リモートワークの求人サイト「ReWork」をオープンしました!サイト名はRemoteWorkの略でReWork。これからの新しい働き方として広がっていくであろう、リモートワークに特化したサイトです。

ReWorkでは、フリーランスや週末だけ働ける方、主婦の方など、スキルを持ったリモートワーカーと仕事を頼みたい依頼者を結びつけることを目的としています。

福岡の小さな会社がリモートワークなエンジニアさんと働いたら生産性が倍増した話

どうも!福岡にてWEBシステム・アプリ開発をやっているイリテク(株)の入江です。会社といっても、うちの会社は社員は奥さんだけで事務をお願いしているので、実際にはぼく1人が開発をになっています。

アプリ開発社のうめのんさんのブログ「リモートのエンジニアが働きやすくなるにはどうしたらええやろか」を読みました。うちと同じようなことをやってる!と思いながら。こういう働き方は今後増えていくはず。

CLOUR PAPERの翌日再訪率は15.38%だった…コホート分析で再訪率を調べる方法

まずは現状分析ということでCLOUD PAPERの分析をはじめました。まずは、再訪率を調べています。グロースハックのフレームワークARRRAによれば、再訪率50%を目指すといいらしい。

ここでいう再訪率とは、登録してから次の日に訪問する割合のことです。登録したユーザーが次の日もアクセスしてくれていれば、サービスを継続して使ってもらう可能性が高いですが、そうでなければもう使ってもらえないかも…。

再訪率が低いということは、初回の利用体験で「このサービスは使える!」と思ってもらえなかったということでもあります。

2017年はどんどん自社開発ものをリリースします

新年、明けましておめでとうございます。
イリテクも今年で事業をスタートしてから6年目を迎えることになりました。

事業としてはおかげさまで順調にいきつつも、ずっと気になっていることがありました。
それは新規自社サービス・アプリのリリースです。

去年一昨年とクライアントワークしかできず、、、新規自社案件を全くリリースすることができませんでした

企業がリモートワークでエンジニアを採用すれば、月数十万単位でコスト削減になる

リモートワークでエンジニアを探し、現在は3人のエンジニアさんと一緒に仕事をしています。実際に1年ほど仕事をしてみると、これは従来の採用よりもいい選択だということがわかりました。

ほかの企業でもリモートワークで人材を確保するといいことばかりなので、その話を書きたいと思います。