Skip to content →

カテゴリー: デザイン

個人開発でデザインに苦戦しないための、デザインテクニック

エンジニアさんでデザインに苦戦している、できない!という声を聞きます。

これまでデザインをつくってきて思うのは、実はデザインはロジカルな部分が多いということ。ある程度コツを押さえると、センスがなくてもキレイに整えることはできます。

今日はそのテクニックについてご紹介していきます。

ほれぼれする美しい「ログイン画面」のデザインを集めてみた

WEBサービス開発が大好きな入江です。

Twitterでつぶやいたことをきっかけに、新しいWEBサービスを企画中です。


開発にあたってはイマドキのイケてるデザインを参考にしておきたいと思い、いろんなデザインをみてまわっているところです。

そこで、今回はログイン画面にしぼって素敵なデザインを集めてみました。

優秀なフロントエンジニアがこころがけている3つのこと

基礎力をアップさせたいと思い、現場のプロが本気で教える HTML/CSSデザイン講義を読んでいるところです。

この本では目先の技術だけではなく、プロとしてのこころ構えや考え方まで書かれていて勉強になります。著者はYahoo!の現場で働いているWebエンジニアの森本恭平さん。

マークアップの基本から設計、Flexレイアウトまで。5年経っても通用する、最強・最新テクニックを教えます。HTML5/CSS3対応。
Amazon内容紹介より

さよならインタフェース。最高のUI/UXはNoUIだ。

ひさびさにUI・UXについて考えさせられる本を読みました。

WEBサービスやアプリなど、プロダクトをつくっているデザイナー・プログラマーそして経営者が読むと新たな視点が得られる一冊。

「画面」に囲まれ、光るガラス窓ばかりを日がな見て操作している私たち。
けれど、わざわざ画面操作を経由しなくても解決できることって実はけっこうあるんじゃないかと思ったこと、きっとありますよね?
本書のメッセージはただひとつ。
「ベストなインターフェイスは、ノー・インタフェース(No UI)」。
UI、UX関係者なら特に楽しめる、痛快面白読み物です。
Amazon内容紹介より

GoogleMapのカラーデザインを変えてサイトになじませる

サイト内で場所を紹介するときにはGoogleMapを使うのが当たり前になりました。昔はイラストレーターで地図を作ってたんですけどね。GoogleMapは便利ではあるものの、サイトによってはもっとオシャレにみせたいことがありますが、今日はそんな時のデザインアレンジの方法についてご紹介します。

ユーザーに親切な「検索結果」を考える時に必要な10個のポイント

検索はユーザーとシステムの会話のようなものです。ユーザーは探したい情報を入力し、システムはその結果を表示します。

検索結果ページはユーザー体験として重要な部分であり、ユーザーに答えを導く機会を提供します。この記事では検索結果のUX改善に役立つ10の方法を紹介いたします。