Skip to content →

カテゴリー: スマホアプリ開発

アプリ開発費用はどのくらいかかる?見積り相場は?費用を抑えるためのコツも。

アプリ開発の開発費用・相場感がまったくつかめない…。
見積をとってだしてもらっても、高い気がするけど相場がわからないから判断できない。

わかります。既存製品ではないので、決まった価格がないからですよね。

イリテクではアプリの開発事例集(価格付)を公開してまして、これを見れば価格がどのくらいかかるものなのか相場感はつかめると思います。

とはいえ、ざっとお答えすると…
一般的には、100万でできるものから1,000万以上かかるものまで幅広いです。

答えになってないのは十分承知ですが、内容によって大きく変わるのでビシっとこのくらいです!とお答えすることが難しいのです。ただ、数十万でできるようなものではありません。

もしかすると「…結構かかるものだな」と思われたかもしれません。
しかし実はアプリ開発には費用を抑えるコツがあるのです。

webサービスを開発する手順【約20個のWEBサービスをつくってきた経験から語る】

イリテクではこれまで約20個近くのWEBアプリ/スマホアプリの開発をおこなってきました。

そのような経験から、新しくWEBアプリ/スマホアプリを開発してからリリースするまでの手順と知見をまとめてみることにしました。

うまくいったアプリ、そうでないアプリ…いろいろありましたが、現時点での最適解を考えてみます。新しくアプリ開発を考えている方の参考になれば幸いです。

amazon SNSでiOSアプリにプッシュ通知を送る!画像つきで詳しく使い方もまとめました!

amazonSNSでを使うと、サーバーからAppleへプッシュ通知を送る部分をまるっとおまかせできます。自分で実装しようとすると結構面倒。PHPだとApnsPHPというライブラリが有名ですが、これを使って自前で数千件、数万件のプッシュ通知を送る仕組みをつくるのはそう簡単ではありません。

そこで今回はamazonSNSがどういうものなのか、またどのように使うのかを説明します。

アプリやWEBサービスを、あなたに代わって、ニーズがありそうなブロガーさんへ宣伝します!

僕自身もアプリ・WEBサービスを作るので、リリースの度に感じることですが、宣伝してまわるのは大変な労力です。

プレスリリースを一斉に送れるサービスも有料でありますが、決まったところに一斉送信するものですので、なかなか費用に対して目立った効果を得ることがむずかしいです。

そんな中、僕がいつもしてるのは主要なメディアにプレスリリースを送るほかに、個別に検索して取り上げてもらえそうなブログやメディアをさがして地道に連絡をしています

場所で通知してくれる買い忘れ防止メモアプリ「Rememo」をリリースしました!

あれを買う予定だったのに忘れてた!そんな経験はありませんか?

Rememoは買う場所の近くにいくと「シャンプーを買い忘れてませんか?」と教えてくれる買い忘れを防止アプリです。もちろん買い物メモとしても使えます。

福岡の小さな会社がリモートワークなエンジニアさんと働いたら生産性が倍増した話

どうも!福岡にてWEBシステム・アプリ開発をやっているイリテク(株)の入江です。会社といっても、うちの会社は社員は奥さんだけで事務をお願いしているので、実際にはぼく1人が開発をになっています。

アプリ開発社のうめのんさんのブログ「リモートのエンジニアが働きやすくなるにはどうしたらええやろか」を読みました。うちと同じようなことをやってる!と思いながら。こういう働き方は今後増えていくはず。

地方のスマホアプリ開発は需要と供給のバランスが崩れている

イリテクは事業としてスマホアプリの受託開発を行っています。
福岡を拠点としているので、福岡の方が多いと思われますが、実際には関東方面のクライアントが大半を占めます。その理由は結構明確です。そこで、地方でのアプリ開発案件が少ない理由を考えてみました。