Skip to content →

カテゴリー: コラム

「アップデート」を提案できる人は、新規のお客様を探さなくてもよくなる

実在するモノと同じように、実はデジタルなものさえ劣化します。
永久に同じものはありません。

建物にメンテナンスが必要なように、アプリはアップデートされ続けるし、プログラムだって放っておけば陳腐化します。

サーバーが老朽化してくれば移行が必要だし、そのときにはミドルウェアのバージョンも上がっていてコードの改修も必要。

陳腐化するのはコードだけではありません。

例えばWEBシステム。システム稼動後、時間が経って利用する人たちや社会が変われば、ニーズも変わり、使われ方も変わります

だから…作って納品して終わり!ということはありえません。全てに完成というものはなく、リリースはプロセスの途中です。

それはプロダクトも同じ。問題解決のための新しい何かを作れば、また別の問題が生まれます。この繰り返しがあるから、アップデートに終わりがありません。

facebookやwindowsなど周りを見てもアップデートが頻繁に行われてることが分かります

大量にインプットしないとアウトプットできない、の間違い

よく「たくさんインプットをしないとアウトプットできませんよ」ということがいわれます。

ここでいうインプットというのは知識や経験を自分の中に取り込むことで、アウトプットはそれらを外に向けて話したり、ブログやSNSで書いたり、表現すること。

アウトプットにはインプットが必要。それはそうですよね。

だからたくさんインプットすれば、たくさんアウトプットできるんですよ!という理屈はわかりそうですが、実際にそうなってないんですよねー…

なぜなら僕らは既に大量にインプットしているからです

毎日何もしなくても、SNSやテレビ、ネットから情報は入ってますよね。
もう情報いらないよー!ってくらい、飛び込んできませんか?

で、それで大量にアウトプットできてますか!?
と言われると…できてないですよね。

だから、単純にインプットの量を多くすればいいってもんじゃないなと思うのです。

フォロワーの獲得、お金を稼ぐ、そんなことより本当に大事なことをやろう

SNSのフォロワーを伸ばそうとすること、お金を稼ごうとすること、そんな目標に囚われてしまうととても苦しいです。

これらは全て結果そうなるもので、まずは自らが楽しんでコンテンツを生み出せるようになれば後からついてくるもの。先に望もうとすると離れていきます。

それはなぜでしょうか。

すべて自分主体だからです。フォロワーが増えるのも、お金を払ってくれるのも、あなたが価値あるコンテンツを作り出すからです。そして、それらのコンテンツはみずから行動して経験値を積んでいくことでしかつくりだせません

なぜ90%の人が格安スマホを使わないのか?格安スマホのデメリットってあんまりないですよ

格安スマホの認知度は90%にも関わらず、利用シェアは約10%程度にとどまっています。(MND研究所調べ

格安スマホの月額料金相場は2,000〜3,000円程度となり、三大キャリアに比べると半額程度やすくなります。なのになぜ使われていないのでしょうか?

「シーマン」という珍しいゲームを世に打ち出すために仕掛けたのは、説明不要のメタファーだった

シーマン開発者の斎藤由多加さんの本を読みました。なかでもシーマン話がおもしろかった。

世の中おかしなことばかり。だが、硬直した頭では「目に見えないもの」に気付けないのが悲しい現実。本書では、『シーマン』や『大玉』の開発者が、日常覚える違和感の正体を追求し、そこに隠された本質を指摘します。携帯電話、空港、ディズニーランド…。これらに疑問を感じたことはありますか?読めば読むほど頭がほぐれる面白エッセイ。