なぜ90%の人が格安スマホを使わないのか?格安スマホのデメリットってあんまりないですよ

2018/02/12 カテゴリー:コラム タグ: ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安スマホの認知度は90%にも関わらず、利用シェアは約10%程度にとどまっています。(MND研究所調べ

格安スマホの月額料金相場は2,000〜3,000円程度となり、三大キャリアに比べると半額程度やすくなります。なのになぜ使われていないのでしょうか?

SPONSOR

格安スマホとは?

格安SIMを使うスマホのことを指します。格安SIMと格安SIM対応のスマホはそれぞれ別でも買えますが、これらをセットにしたものが「格安スマホ」と呼ばれています。

格安SIMってなに?

この辺がでてくるので、詳しくない人は「自分には無理そう…」と思われるかもしれません。けど、そんなむずかしいことじゃないです。

SIMというのはスマホにはいっている利用者を識別するための小さなカードのことです。このカードがあるからデータ通信や電話ができます。SIMが入っていないとスマホとして機能しません。

SPONSOR

なぜ格安SIMは安いのか

普通はドコモ、ソフトバンク、auでスマホを購入し契約しますよね。そして、これらの大手キャリアは自社で回線をもっています。

一方、これら大手から回線をかりてサービスを提供している事業者(MVNOと呼ばれます)がいます。この事業者が取り扱う料金プランが安いため、格安SIMと呼ばれています。

MVNOは自分で通信回線の投資や維持費がいらず、実店舗をつくらないことによるコスト削減で料金を抑えています

なぜ90%の人が格安スマホを使わないのか?

格安スマホ自体はニュースなどでよくでていて認知度も90%。安くなるにもかかわらず、利用者が全体の10%にとどまっている理由はなんでしょうか。

なんか手続きが難しそうだから

これまで説明してきたとおり「SIMやらMVNOやらでてきて難しそう。よくわからない。」ということで敷居が高い印象があります。

実際にはそんなことなくて、説明書を読めば誰でも数分でできるものです。(それも面倒そうなら全国に4,000店舗の実店舗があるワイモバイルで)

まわりがつかっていないから

日本人は右に習えの民族。まわりがつかっていないと安心できません。

格安スマホのデメリットはないの?

キャリアメールが使えなくなる

「@docomo.ne.jp」「@softbank.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」というようなキャリアメールが使えなくなります。いまはあまり使っている人も少ないかもしれませんが。

通信スピードが遅い

まず、大手キャリアより通信回線をレンタルしているしているため、通信範囲は大手キャリアと同じです。場所によって通じなくなるなどの問題はありません。

通信スピードは大手キャリアに比べて遅いといわれています。特に平日の昼など。このあたりは事業者によってスピードにばらつきがあるもの事実。

ちなみに格安スマホ通信速度調査では、SoftBankが母体のワイモバイルがトップです。

通話料が高い

大手キャリアだと定額かけ放題が当たり前になっていますが、格安スマホの場合、5分かけ放題や10分かけ放題などがほとんどです。

長電話をする人の場合は大手キャリアのままがいいかもしれません。

しかし、いまはLINEを使っている人がほとんどでしょうから、LINE通話にすれば電話を使わずに通話ができます。LINEなどのアプリを使った場合は上の通話には含まれません。通話する相手がLINEが多いなら、格安スマホで大丈夫です。

まとめ

格安スマホ事業者はたくさんいますが、僕が親に進めるならワイモバイルです。ショップに行ってもらうだけでいいので。

まわりがつかっていないから、よくわからないから…では損します。毎月数千円でも節約すれば貯金にもまわせますし、検討する価値はあると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
15年続けた受託開発をやめ、自分が作ったサービスだけで生きていくことを決意。同じゴールを目指す仲間が集まる入江開発室を運営 / 師弟関係がつくれるサービス「MENTA」をつくりました。
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす