HOME > 開発メモ > ブラウザでPDFを開く時の指定パラメータまとめ (サンプル付き)
2013/08/09 (2016/09/14更新) タグ: , ,

ブラウザでPDFを開く時の指定パラメータまとめ (サンプル付き)

PDFはブラウザと相性がいいので、よく使います。ワードやエクセルで作った書類なんかはPDFにして公開するパターンが多いです。最近、そんなPDFの隠された機能を知りました。いや、隠されてなかったんですけど。

それは、ブラウザで開く際にズーム100%で表示させたり、ページを指定して開かせることができるということ。なんというか、これまでは調べる前から、それはできないんじゃないだろうか…なんて思ってました。

SPONSOR

パラメータの指定方法

PDFにはあらかじめ、Open Parametersというものが準備されています。このパラメータの渡し方は、URLの後ろに#をつけてデータを渡すだけです。Google Chromeについては独自のビューワーを使っているため、このパラメータは効かないようです。

いろんなパラメータがありますが、使えそうなものを抜粋します。

ズーム(zoom=n)

50%にしたい場合はzoom=50
サンプル

ページを指定(page=n)

2ページ目を表示させたい場合はpage=2
サンプル

表示範囲を指定(view=Fit or FitH or FitV)

Fit ページ全体が収まるようにpdfを開く
FitH ページの横幅が収まるように開く
FitV ページの縦の長さが収まるように開く
この設定はIE以外のブラウザでは動作があやしいです。

ページの横幅が収まるようにした場合
サンプル

スクロールバーを表示させるかどうか(scrollbar=1|0)

スクロールバーを表示させる
サンプル

ツールバーを表示させるかどうか(toolbar=1|0)

ツールバーを表示させる
サンプル

ステータスバーを表示させるかどうか(statusbar=1|0)

ステータスバーを表示させる
サンプル

ちなみにこれらのパラメータは複数指定できます。
#zoom=50&page=2
だとズーム50%で2ページ目を開きます。

その他、もっとマニアックな設定をしたい方は公式のPDF Open Parametersをご覧ください!

タグ: , ,
この記事をシェアする

イリテクの最新記事をお届けします

イリテクの最新情報をチェック!
  • follow us in feedly
    RSSで最新記事を読む

イリテクで開発したサービス

請求書作成業務をもっとかんたんに。見積請求書の作成だけでなく、郵送代行、メール送信、PDFダウンロードなどバックオフィスを効率化。

詳しくはこちら

毎月定額のITマネジメントサービス
イリテクがリモートで御社のIT部門を担当します。なにを相談していいかわからなくても大丈夫。ITマネジメントサービスは、課題をみつけることからはじまります。作って終わりの関係ではなく、企画からデザイン・開発まで、御社のビジネスを顧問スタイルで末永くサポートします。
月額固定のITマネジメントサービス

こちらの記事もおすすめです

SPONSER

記事を書いている人
入江 慎吾 イリテク(株)代表
デザインもやるプログラマ。Webサービス、iOSアプリ開発をやってます。
毎月定額のITマネジメントサービスはじめました。自社で見積請求CLOUD PAPER運営。iPhoneアプリ全国総合ランキング3位を記録。イリテクブログは月間約5万PV。(もっと詳しく
SPONSOR
最新記事
iOSアプリの開発を始めたい方へ

アプリ開発の勉強は、本よりも動画で実際に作っているところを見せてもらったほうが理解が早いです。

Facebook
Twitter