iOSアプリ・Webシステム開発のイリテク

HOME > PHP > [php]会員制サイトで特定のディレクトリ内をアクセス制限する
2012.02.20

[php]会員制サイトで特定のディレクトリ内をアクセス制限する

このエントリーをはてなブックマークに追加

特定のフォルダに入っているファイルを直接アクセスで開けないようにしておきたい。かつ、特定のユーザーしかアクセス出来ないようにしたい。

こんなものを作ろうと考えた時、ディレクトリ制限といえば、あのダイアログが出てくる、ベーシック認証が思い浮かびます。しかし、既に会員システムを構築している場合、php側での認証とベーシック認証の両方を組み込むと、2重にパスワード入力する必要が出て、使う側は面倒です。

SPONSOR

そこで、phpで既に作っている認証プログラムを利用しつつ、ベーシック認証も使わないディレクトリ制限の導入方法についてご紹介です。

制限をかけたいディレクトリにhtaccessを設置

.htaccessファイルを作って、制限したいディレクトリ内に設置。
.htaccessファイルの内容は下記。

Action image/jpeg /ディレクトリパス/access.php

このディレクトリ内のjpgファイルにアクセスがあると、access.phpを実行します。という意味です。htmlだったら、text/html、PDFだったらapplication/pdfというように書き換えて下さい。

アクセス制限の判別を行う

access.phpには、認証処理を用いて会員かどうか判別。

if(それぞれの認証処理判断を…){
	$filenames="img/".basename($_SERVER['SCRIPT_NAME']);
	header('Content-type: image/jpeg');
	readfile($filenames);
	}else{
	echo "NG";
	}

SCRIPT_NAMEはサーバー変数で、ファイルパスを教えてくれます。そのままだと、パスまで表示されますが、basenameを使うとファイル名のみ抽出してくれます。後は、ファイルを読み込んで出力するのみ。

認証されてなければ、この場合「NG」と表示されます。

タグ:
この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

イリテクはIT・経営に関する情報を発信しています!

  • follow us in feedly
    RSSで最新記事を取得

SPONSER

開発したWebサービス
記事を書いている人
入江 慎吾 イリテク(株)代表
Web/iOSエンジニア。単なる制作ではなく、お客さまの一員となって共に考え「攻めのIT投資」でビジネスを加速させます。
SPONSOR

最新記事
Facebook
Twitter
人気記事