iOSアプリ・Webシステム開発のイリテク

HOME > Web > Webサービスのプロモーションについての考察。どのようにして広めていくか。
2011.11.22

Webサービスのプロモーションについての考察。どのようにして広めていくか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Webサービスを作ってリリースする際、どのようにプロモーションを行うかは重要です。作っただけでは、どんなに良いサービスでも、広がりようがありません。それでは、どんな告知を行っていくべきなのか、これまでの経験を元に、まとめてみました。

SPONSOR

どのようにユーザーに広まっていくのか

最初に結論ですが、現状、ソーシャルメディアが一番爆発的に広まります。簡単にシェア、リツイートで広まりやすく、はまれば本当に一瞬にして広まっていきます。

自らTwitterで何度も告知したりしても、広まるものではありません。重要視されるのは、情報元と内容です。どちらかが欠けても広まりにくいものとなり、拡散する可能性は低くなります。この情報元とは、各Webメディアとアルファブロガー、知名度の高いソーシャルユーザーです。この3つに、情報を知ってもらうことが一番重要です。

情報を載せやすい工夫をする

運良く知ってもらえても、彼らは日々たくさんの情報が飛び込んできており、一つ一つの記事を作る労力は相当なもの。ですので、あらかじめ掲載しやすいように、どんなサービスなのか分かるように文章を用意したり、画像を用意しておきます。また、全て事実だけを簡潔に。つらつらと文章を書くよりも、箇条書きの方がみやすかったりします。誰が、どんなサービスを、いつ作ったのか、誰が使うものなのか、等の要素を入れてプレスリリースを準備しましょう。

無料プレスリリースサイト:配信先一覧

直接、プレスリリースを送るのも手ですが、世の中便利なものでして、プレスリリース配信サイトが多数あります。無料から有料のものまで幅広くありますが、ここでは無料でプレスリリースを配信できるサイトを紹介します。エリアを限定したサービスの場合は、地元の新聞社やメディアを探して、送りましょう。エリア限定の場合は、地元のニュースメディアが一番告知力があります。

インターネットメディア:配信先一覧

出来上がったWebサービスによって、ジャンルに特化したメディアもあると思いますので、探して積極的にプレスリリースを送りましょう。

個人ブロガーにも連絡

個人でブログをしている方でも、ジャンルに特化した記事を扱っているものも多く、知名度の高いブログはたくさんあります。ブログに連絡先が記載されている場合は、積極的に連絡します。ただし、返事がこなくても、掲載されない可能性が高いことを頭に入れておきましょう。そういうものです。全て来る情報を掲載することは出来ませんので。

それでは、また。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

イリテクはIT・経営に関する情報を発信しています!

  • follow us in feedly
    RSSで最新記事を取得

SPONSER

開発したWebサービス
記事を書いている人
入江 慎吾 イリテク(株)代表
Web/iOSエンジニア。単なる制作ではなく、お客さまの一員となって共に考え「攻めのIT投資」でビジネスを加速させます。
SPONSOR

最新記事
Facebook
Twitter
人気記事