iOSアプリ・Webサービス開発のイリテク

HOME > HTML > クールな画像拡大jQueryライブラリ「lity.js」、レスポンシブにも対応!
2015.09.03

クールな画像拡大jQueryライブラリ「lity.js」、レスポンシブにも対応!

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリックで画像が拡大されるライブラリはlightboxなど数多くありますが、その中でもデザインの邪魔をせず、実装もかんたんなライブラリ、それがlity.jsです。

SPONSOR

使い方

公式サイトから一式ダウンロード。
lity_kousikiダウンロードしたファイルの中で使うのはdistフォルダ内のlity.js、lity.cssのみ。
jQueryの後に読み込ませます。

<link href="lity.css" rel="stylesheet">
<script src="jquery.js"></script>
<script src="lity.js"></script>

あとは、

<a href="http://image.jpg" data-lity>Image</a>

のようにdata-lity属性をつけるだけで動きます。かんたんですね。下がlity.jsの表示サンプルです。

WordPressへの組み込み

WordPressで画像を追加した時に自動的にlityを使う方法です。
テーマ内のfunctions.phpに以下を記述します。

add_filter( 'image_send_to_editor', 'image_lity', 10 );

function image_lity( $html ){
    $html = preg_replace( '/a href=/', 'a data-lity href=', $html );
    return $html;
}

これでdata-lity属性が自動で入ります。このライブラリはレスポンシブにも対応しているのでスマホでもタブレットでも使えるのが嬉しいポイントです。

lity.js

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を書いている人

イリテク(株)代表。Webシステム/iOSアプリの開発を行っています。
受託開発だけでなく、月額固定の専属エンジニアサービスおよび、 自社でクラウド見積請求書サービス CLOUD PAPERを運用中!
プロフィール

月額10万円で御社専属エンジニアを雇いませんか?

御社の顧問エンジニアとして、デザイン・システムに関わる様々なご相談をお受けします。企画・提案だけでなく、実際に手を動かして開発まで行います。また、システムにとどまらず、デザイン案件もお受けできるのが強みです。
顧問エンジニアサービス

イリテクの最新記事をフォロー

  • follow us in feedly
    RSSで最新記事を取得

SPONSER

コメントをどうぞ!

関連記事