iOSアプリ・Webサービス開発のイリテク

HOME > 使いこなし術 > Chromeに入れている便利な拡張機能8選
2012.10.11

Chromeに入れている便利な拡張機能8選

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラウザはChromeを使っています。最近のSafariはiOSとの連携ができていて、ちょこちょこ使ったりしていますが、やっぱりChromeにもどってきちゃうんですよね。やっぱり動作が一番早い。そんなChromeに入れるともっと便利に活用できる拡張機能を6つご紹介。

SPONSOR

Google Translate


Webページを見ていて、英語のページだったりした場合、このアドオンを使うとまるごと日本語に翻訳してくれます。技術情報を調べることが多いので、重宝しています。

bit.ly


いわずと知れたURL短縮サービス。Twitterやメールで他の人にサイトを教える時に、長いURLを短縮して短縮URLをすぐに作ることができます。さらにログ機能もついているので、何人がクリックしたとか、スマホでみたとか調べてくれます。

Google Publisher Toolbar


Google公式拡張。アドセンスの収益をワンクリックで確認することができます。一息ついた時にポチっとチェックしてます。

Google Reader Notifier


Googleリーダーアカウントでの未読アイテム数を表示してくれます。RSSで読んでいるブログが多数あるので、サッとチェックできて便利。

Image Properties Context Menu


画像を右クリックメニューで簡単にプロパティを表示してくれます。画像のサイズや種類、URLなど。Web制作の際に使ってます。

PageRank Status


表示しているWebページのGoogleページランクを表示します。何もしなくてもツールバーのところに自動的に表示されます。クリックするとFacebookやTwitterでの数や、バックリンクなど詳しい情報を確認できます。

Translate selection


Google Translateはページ全体を翻訳しますが、こちらは選択した箇所だけを部分翻訳してくれる拡張機能。詳しくは以前の記事を御覧ください。

はてなブックマーク


見ているページのはてなブックマーク数を表示したり、ワンクリックでブックマークに追加できます。

拡張機能はいれすぎると重くなりがちですので、よさそうなものがあったらしばらく試してみて使わないものは削除するようにしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を書いている人

イリテク(株)代表。Webシステム/iOSアプリの開発を行っています。
受託開発だけでなく、月額固定の専属エンジニアサービスおよび、 自社でクラウド見積請求書サービス CLOUD PAPERを運用中!
プロフィール

月額10万円で御社専属エンジニアを雇いませんか?

御社の顧問エンジニアとして、デザイン・システムに関わる様々なご相談をお受けします。企画・提案だけでなく、実際に手を動かして開発まで行います。また、システムにとどまらず、デザイン案件もお受けできるのが強みです。
顧問エンジニアサービス

イリテクの最新記事をフォロー

  • follow us in feedly
    RSSで最新記事を取得

SPONSER

コメントをどうぞ!

関連記事