iOSアプリ・Webサービス開発のイリテク

HOME > iOS プログラミング > マルチデバイス対応!Xcode6の「Sizeクラス 」でiPhone/iPadアプリの画面設計がカンタンになった!
2015.01.20

マルチデバイス対応!Xcode6の「Sizeクラス 」でiPhone/iPadアプリの画面設計がカンタンになった!

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneとiPadの両方に対応させたい場合、別々に作成するよりも、同じアプリで作成できたほうが管理しやすいし、便利です。

Xcode6では、新しくSizeクラスという考え方が導入されました。iPhoneとiPadだけでなく、縦と横で画面を変えたい場合にも使える機能です。

SPONSOR

まずこの機能を試すには、Storyboardを開きます。
size
Storyboardの下に w Any h Any と書かれていますが、ここをクリックするとマスのようなものがでてきます。マウスで大きさが選択できますが、以下の表のように対応しています。

デバイス 縦向き時の横幅 縦向き時の縦幅 横向き時の横幅 横向き時の縦幅
iPhone 4S, 5, 5S, 6 Regular Compact Compact Compact
iPhone 6 Plus Regular Compact Regular Compact
iPad Regular Regular Regular Regular

例えば、iPhone 6 Plusの縦向き時の画面を作る場合は、横がCompact、縦がRegularになります。Sizeを選択して縦向きの時はボタンを置きます。

縦向き

今度は、Sizeを横がRegular、縦がCompactに変更。スイッチを右上におきます。

横向き

そうすると、縦向きの時はボタンが出ますが、スイッチは出ません。逆に横向きの時はボタンが消えて、スイッチがでてきます。このように縦向きと横向きで表示が変わります。かんたんですね。ちなみにSizeをAny width, Any Heightにすると全画面共通のオブジェクトを設置できます。

(参考リンク)
小学生でも分かった気になるiOS8のSize Class
Xcode 6 時代のマルチデバイス対応 ~Size Classとベクター画像~Add Starpink_revengesawat

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を書いている人

イリテク(株)代表。Webシステム/iOSアプリの開発を行っています。
受託開発だけでなく、月額固定の専属エンジニアサービスおよび、 自社でクラウド見積請求書サービス CLOUD PAPERを運用中!
プロフィール

月額10万円で御社専属エンジニアを雇いませんか?

御社の顧問エンジニアとして、デザイン・システムに関わる様々なご相談をお受けします。企画・提案だけでなく、実際に手を動かして開発まで行います。また、システムにとどまらず、デザイン案件もお受けできるのが強みです。
顧問エンジニアサービス

イリテクの最新記事をフォロー

  • follow us in feedly
    RSSで最新記事を取得

SPONSER

コメントをどうぞ!

関連記事