iOSアプリ・Webサービス開発のイリテク

HOME > javascript/JQuery > スクロールするだけでコンテンツを読み込むプラグイン「jQuery.autopager」
2012.09.05

スクロールするだけでコンテンツを読み込むプラグイン「jQuery.autopager」

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく見かけるページングの処理で、下の方にスクロールすると自動的に次ページを読み込ませる処理をかんたんに実現してくれるjQuery.autopagerが便利でした。jQueryプラグインです。

SPONSOR


導入がかんたんで分かりやすく、オプションも必要最低限のものがバッチリ揃っています。例えば、スクロールで下部までいったら自動的に次コンテンツを表示させるか、それともボタンをクリックして読み込むか、読み込み後にコールバックで関数を読み込ませるか、などなど。

jQuery.autopagerの導入方法

まず、jQuery本体とダウンロードしたjQuery.autopagerを読み込んでおきます。
そして、スクロールで自動表示させるなら下記だけでOK。

<script type="text/javascript">
    $(function() {
        $.autopager();
    });
  </script>

  <div class="content">
    <p>1ページ目のコンテンツ<br>Contents of page 1</p>
  </div>
  <a href="/jquery/autopager/demo?page=2" rel="next">次のページ / Next</a>

これだけで次々と読み込んでくれます。引数のpageは自動的にプラグイン側で操作して増やしてくれます。

jQuery.autopager

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を書いている人

イリテク(株)代表。Webシステム/iOSアプリの開発を行っています。
受託開発だけでなく、月額固定の専属エンジニアサービスおよび、 自社でクラウド見積請求書サービス CLOUD PAPERを運用中!
プロフィール

月額10万円で御社専属エンジニアを雇いませんか?

御社の顧問エンジニアとして、デザイン・システムに関わる様々なご相談をお受けします。企画・提案だけでなく、実際に手を動かして開発まで行います。また、システムにとどまらず、デザイン案件もお受けできるのが強みです。
顧問エンジニアサービス

イリテクの最新記事をフォロー

  • follow us in feedly
    RSSで最新記事を取得

SPONSER

コメントをどうぞ!

関連記事